日本6社、米新車販売26%減 22年上半期、半導体不足で

ニューヨーク国際自動車ショーのホンダやトヨタ自動車のブース=2019年4月、米ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】日本の自動車大手6社が1日発表した22年上半期(1~6月)の米新車販売台数は計239万1026台と、前年同期より26.9%減った。全社が前年を下回り、三菱自動車を除く5社は2桁の減少率となった。世界的な半導体不足といった供給網の混乱が響いた。

 多くの国民が長期休暇を取る夏場を迎えて自動車需要は引き続き旺盛だが、ロシアのウクライナ侵攻の影響も受けて供給網混乱による販売制約に拍車がかかっている。

 トヨタ自動車は19.1%減の104万5697台。ホンダは39.3%減の50万6207台、日産自動車も34.2%減の38万4252台と落ち込んだ。

© 一般社団法人共同通信社