首相、「岸田インフレ」に反論

「ウクライナ侵略が要因」

© 一般社団法人共同通信社

街頭演説する岸田首相=2日午前、福井市

 岸田文雄首相は2日、物価高を「岸田インフレ」と批判する野党に対し「指摘は当たらない」と反論した。要因について「為替の影響もあるが、ほとんどはロシアによるウクライナ侵略がもたらした世界的なエネルギー価格や食料価格等の上昇によるものだ」との考えを示した。6月15日の記者会見で指名されなかった報道機関の質問に書面で回答した。

 野党が求める消費税減税に関しては「社会保障の安定財源と位置付けられていることから、減税は考えていない」とした。