今回の参院選、そしてこれからの政治に期待することは。減税?賃金?社会保障?それとも期待していない!?

© HTB北海道テレビ放送株式会社

参議院選挙投票日まで、あと1週間となりました。

連日、街頭で、ネットで、テレビ・新聞で、様々な選挙と政策について接する機会が増えているのではないでしょうか?

今回は、HTBの夕方情報番組イチオシ!!で視聴者のみなさんに「あなたの一票 どんなことに期待?」をテーマで北海道のみなさんに伺いました。

一部ですが、いただきましたメッセージを紹介していきます。

減税

札幌市 20代 男性 「物価が上がってるから賃金アップもですが、消費税減税してほしいです。経済を回すために増税して、それで買い物を渋って回らず、また増税では負のスパイラルだと思います。一度減税すれば、それだけで経済は回ると思います。少なくとも自分は買い物しようと思います。」

長沼町 40代 男性 「物価上昇対策です賃金は上がらなくても仕方ないけど、食料品だけでも価格を下げてほしい。賃金が上がっても税金で取られるだけだし、ボーナスも下がったし選挙の当選がゴールじゃないんだから国会議員さんには頑張っていただきたい」

芽室町 40代 女性 「物価など何でも値上げの状況はどう対応していくのでしょうか?株価の値下がり、円安もロシアや中国など諸外国のせいにばかりせず、国内で出来ることを速やかに進めてほしいです。」

札幌市 50代 女性 「物価が上がっている事、賃金は上がらない事など、経済面での不安は尽きません。いっそのこと思い切って減税をしてくれないかなぁ、と願っています。」

札幌市 50代 男性 「せっかく汗水たらしながら働いているのに、税金で、ガッパリ取られるから、賃金アップが無理なら、税金を安くして欲しいです!」

室蘭市 50代 女性 「消費税減税を望みます。最近の物価上昇で食費がかさんでいます。現在食費関係は8%ですが、賃金が上がらない現在、これだけでも引き下げて欲しいです。」

賃金アップ

旭川市 20代 男性 「みんなの収入が増えることに期待です。物価も上がってるし、コロナの影響で経済を回したいのですがそのためのお金が無いです…」

札幌市 30代 女性 「保育園の保育士さん達のお給料をあげてほしいです。子供たちが沢山お世話になっていて、こんなに頑張ってくれていて、しかも責任も物凄く重いのに。」

小樽市 30代 女性 「選挙の時だけ良いこと言って、いざ当選したら、実行されてるのはほとんどないように感じます国会だって寝てるのに給料発生して…夜勤やって仮眠なしで働いても給料上がらない福祉の賃金を上げて欲しいです」

士別市 40代 女性 「賃金アップして欲しいですねー!!何歳であろうともお金は使います。そして、若い世代が結婚して子供を成人まで育てる未来が描けるような政策を。一時的ではなく、持続的じゃないと不安しかないです。」

北見市 40代 女性 「保育士として、保護者の大切なお子様の命を預かる仕事をしています。少しでも、賃金がアップしてくれる事を、切に願います!」

日高町 40代 女性 「やっぱり子育て支援です!!!!!!ただ今、高校1年、中学3年、中学2年、4歳の四姉妹子育て真っ最中で毎日大変です!長女は高校入学と同時に子育て手当と医療費無料が無くなりました。せめて高校卒業まであったら良いのになぁ~」

岩見沢市 50代 女性 「夫の扶養範囲で働くと年収130万円で頭打ちなので、何年働いてもなかなか余裕はありません。フルタイムで働きたいと思いますが、両親の介護等があるので、せめて扶養範囲の上限をもう少し上げてもらえたら…といつも思います。」

札幌市 50代 女性 「娘が教員2年目です。病みそうな仕事量に、土日の部活までヘロヘロになりながらこなしています。でも残業代は給特法で教員には出ないので、全く時代錯誤!部活の民間委託と残業代給付を早く実施してください」

札幌市 60代 女性 「パートで働いていますが、やはり103万の壁をどうにか出来ないでしょうか、最低賃金は上がりましたが、その分働く時間は減らさないと行けないのでは、矛盾ばかりです。」

社会福祉・保険

札幌市 30代 男性 「障害者への障害者年金等が障害者手帳持ってる全ての人が受けられるようにして欲しいです。障害者年金は手帳の種類や病気の種類や程度で障害者年金を欲しくても貰えないので全ての人が貰えるようにして欲しいです。」

札幌市 40代 女性 「年金制度の見直し。月50,000円で、どうやって生活できますか?」

北見市 40代 女性 「働きながらも子どもを安心して産み育てられるようにしてほしい。保育、介護職は不可欠なのに低賃金すぎるから慢性的に人手不足。これをなんとかしてほしい。」

札幌市 50代 男性 「私は、障害年金暮らしですが、年金が年々減額されてきています。この物価高は、はっきり言って死活問題です。コロナ下やウクライナ情勢等、様々な要因はあるでしょうが、政治家は旧文通費という実質的なお小遣いを満額貰っていることに納得がいきません。真っ当な政治家がもしいれば、1票を入れたいと思います。」

札幌市 50代 女性 「ズバリ!!市営住宅や道営住宅の車椅子住宅の増設です!!私、難病で7年前から車椅子が必要になりましたが、今の住まいは狭くて室内で使えません。オマケにここは2階で階段です。2週間毎に通院することも考えると、病院から離れた所も申込めませんが、車椅子の市営住宅の募集は年間通しても、5戸~6戸未だに、当選しません。絶対数が少ないのです。それと、車椅子の家族が居なくなっても、世帯主が転居していない住宅もあります。この制度を何とかして欲しいです。」

札幌市 50代 女性 「認知症の徘徊する頃に年金で施設に入れる所を作ってくれる人に投票したい。この間も知り合いの親が徘徊して見つかるまで15時間かかって家族は大変なんです。24時間いつ徘徊するのかもわからないんです。」

子育て支援

札幌市 20代 女性 「子育て世代が受けられるサービスにおいて「所得制限」をなくして欲しい。昨年子供が産まれましたが、転勤族で親戚はもちろん周りに助けを求められる友人もいません。なので、子育てサポートを受けようと思えば料金がかかります。子育て給付の10万円は貰えず、児童手当ももうすぐ廃止。今年札幌市に来てからは子供の医療費も3割負担です。冬の暖房代も泣くほど高くなり、お金ばかり消えていく。。結婚するな、子供産むなといわんばかりの政策は今すぐ撤廃して欲しいです。」

苫小牧市 30代 女性 「子育て支援、少子化対策です!児童手当や授業料無償化など、私の母からみたら昔より手厚くなってるとはいえ、大学まで行かせるってなると将来不安で、本当はもう1人子どもが欲しいけど今のままじゃ無理だよな~って諦めてしまいます。」

恵庭市 30代 女性 「子育てについてかなぁ~。こどもが小さいと仕事をしていても風邪だ、発熱だと休まなくてはいけない状況になり、いろいろ周囲に迷惑をかけてしまう。以前よりは改善されてはいますが、まだまだ、よくはなりません。そういう思いをしなくていいように考えて実行してくれると嬉しい。」

札幌市 30代 女性 「自分が幼少期のときは、近所が、地域が子どもたちを見てくれていたように感じます。現在は良かれと思って口を出すと親御さんに言われ、他人には我感せずの世の中になってきており、またコスト高で金銭面の心配もあり、子育てしている親たちに心労がたまる傾向にあると思います。そして子供へと当たったりして悪循環が…そんな世の中を払拭できる打開策を期待します。」

札幌市 40代 女性 「少子化と言ってるわりには、不妊治療に対する保険適用がひどすぎます。制限や適用ならず結局実費とか。本当に少子化をどうにかしたなら、全部保険適用にすることやこれから産む人たちに何か手厚いことを用意してほしいものですね。」

札幌市 40代 女性 「子育てをしていて思うのは、中学生になっても病院に行くことが多くあります。無償化や控除など小学生以上の医療費負担が軽くなるといいなと思います。」

千歳市 50代 女性 「今居る子供たちを大切にするのは勿論なのですが独身の方々が結婚したい子供が欲しいと思えるような国にして欲しいです!頑張ってる若い人達の時給アップと消費税軽減をお願いします。」

子ども・教育を対象にした政策

札幌市 20代 男性 「私は現在、大学生なのですが、期待したいことは「学生を対象にした政策」です。大学の無償化や高校の義務化等は非常に魅力的な政策ではあるのですが、それはあくまで「進学を目指す学生」が対象であるため、「なんとなくで行っている学生」には刺さらないと考えるからです。例えば、コロナによって売り上げが下がっている飲食店等に「学割補助金」のようなものをつけてくれるなど「学生すべてに魅力のある政策」を行うと投票権を得た学生からも投票があり、全体で投票率をあげることも可能だと思います。」

札幌市 50代 女性 「公約を聞いていると若者のためにと若者ターゲット感がよく聞かれます。パワハラ、コロナの影響、所得減退は、若者だけではなく、いや逆にそうなってしまった中年層には、若者より未来がなくお先真っ暗です。義務教育までの子どもがいる家庭の方が、国や自治体からの補助や援助を受けられますし、転職にも明るさがあります。子供もお金がかかるのは高校からの方が大変です。中年層以降で学生を抱える人やひとり親家庭は、体調悪くても精一杯働いても状況によっては、生活保護受給者より辛い生活をしているのではないかとおもいます。最低限、どんな世代も家族数の違いで生活の質が違い過ぎないように!」

札幌市 50代 男性 「【子どもたちがワクワクする毎日にしてほしい】中学校の教員を30年以上続けています。現在、3年生の担任を持っていますが、この子たちは、入学直後に2ヶ月の休校。コロナによる様々な行事の中止など楽しめない三年間を過ごしてきました。コロナが落ち着きはじめたようなので、この子たちが未来に希望を持てるような政策をおこなって欲しいと思います。」

函館市 60代 「子どもの貧困問題への取り組み方です!親の諸事情で、進学を諦めてしまう、給食費も支払えない家庭もあるなんて、国の対策が急務だと思います!」

旭川市 60代 女性 「未来に希望を感じられる社会にして欲しいです。特に一生懸命働いてる若い人が報われ、結婚して子どもを持ちたいと思える社会になって欲しいです。今のままだと60代の私でも長生きはしたくないと思ってしまいます。」

大雪対策

利尻町 40代 女性 「間違いなく大雪対策です!今年の春は大雪、大雪、大雪で思いきり泣かされました。突如停電になれど、灯油はたくさん購入しておりストーブでぬくぬくと過ごすことが出来ましたが、玄関を開けるとドアが雪の壁に覆われてびくともせず、ようやく外に出られたのは3日後の昼間でした。もう雪はこりごりだーーーッ!道路の路地全体にロードヒーティングつけておくれ北海道ーーー!」

函館市 40代 女性 「ズバリ!冬の防寒対策のために寒冷地に対する「寒冷地給付金(のようなもの)」です。北海道はもちろん豪雪地帯は、そうでない地域に比べて暖房代がばかになりません。夏場のクーラーよりも圧倒的に暖房器具を使うので、そこに住む人たちのことをもっともっと考えて欲しいです。」

江別市 50代 女性 「除排雪をなんとかしてほしい。雪国なのだから、これからも続く事なので。」

札幌市 60代 女性 「冬の除排雪作業をきちんとして欲しい、路駐を徹底的に排除して欲しい!夏だから良いでは無く夏に路駐してる人は冬も迷惑路駐してます?」

何も期待していない・政治家や公務員の犯罪抑止・政治家の給料減額

札幌市 40代 男性 「はっきり言うって何も期待はしてないです。政治家はし自分の事しか結局は考えなくなるので、誰に投票しても何も変わらないからです。最初は、良い事を言うのは、当選したいから。当選したら、党の方針や自分の身を守るようになり、国民の事を考えずに税金を使いまくるので、本当に国民の事を考えてくれるまともな人が政治家になって欲しいです。」

札幌市 40代 女性 「もう、悪い事しないでしっかり働いてくれれば良いです!」

札幌市 40代 男性 「経済対策と平和。防衛費の倍増や憲法をいじるなんて、断固反対です。と言っても、選挙の時だけいいこと言って、あまり何もかわりませんよね。まず、議員自体の文通費などの金の問題や既得権益などどうにかしてほしいですね。」

札幌市 40代 男性 「政治家や公務員の犯罪を厳罰化してほしいです。」

苫小牧市 40代 女性 「「先生」と呼ばれて運転手付きが当たり前だと思うような人には期待したくないです。今日、定山渓で選挙活動をしていた方がいましたが、狭い道を徐行運転しながら政党と名前を連呼していましたが、その車の後ろは、渋滞していました。そういうことに気付けず、配慮出来ない方には何も期待出来ません。」

札幌市 50代 男性 「当選目的の公約なら、誰にも投票は致しません。きちんと、公約を果たしてくれる方に期待ですが、たぶん口先だけと思うので、選挙には行かないと思います」

札幌市 50代 女性 「定数削減。実際、人数少なくても成り立つと思うくらい何やってるか分からない人多い。」

札幌市 50代 女性 「議員の高齢化 居眠りなど ただ居るだけみたいな方たちを何とかしてほしい!ある程度60 歳以上で再選回数が多くなるとお給料が減る方式に、なれば やる気のある方だけが残り やる気のない給料泥棒が減るのでは?その分福祉や子供達の学習などに回せるのではないでしょうか!」

札幌市 50代 男性 「3年間のコロナ禍で、国の借金がかなり増えました。併せて、無能な国の役人や政府の考えた給付金の詐欺事件が増え、我々国民はこのツケを負担せねばなりません(怒)なので、数年もしくは永久に国会議員の給料を半減するとか、国会議員の定数を半減するとか言った議員のあり方を考えてくれる人が現れるのを期待しています。ちなみに、いつの間にか政府はしれっと、令和6年から「森林保護の税金(森林環境)」を新設したのをどれだけの国民が知ってますかね?」

帯広市 50代 女性 「国会で重箱の隅突っつき合わない人が議員になってほしい。国会で決めなくちゃいけないことそっちのけで言い合いいているのを、みると小学生の帰りの会か?とか思うことがある。自分の立場を守ることばかりしてる議員さんが居なくなって決めなくてはいけないこと国民が生活しやすくなることをスピーディーに決めてくれる国会になる事を願っています。」

赤平市 50代 女性 「国民がいくらの収入でどんな生活をしているのかもっと知って欲しい。議員は物価が上がろうと節約するわけでもなく生活に困ってない。」

滝川市 60代 女性 「悲しいけど、あまり期待はしていない…ただ、言いたいのは全国一律、最低賃金1500円なんて、その党が政権取ったって出来るはずも無いような事を言わないでほしい!!昔、ガソリン税ゼロにするとマニフェストを連呼してた党が政権とって まず言った事は、ガソリン税はゼロにできません!だったから懲りてる。でも、選挙には絶対行きます!!」

札幌市 60代 女性 「物価・子育て…色々と考えて欲しい対策は山ほどありますが、まずは一人の人間としてまともな方に政治を担って欲しいと思います。議員に無駄遣いしてる気がするんですけど!!」

賃金・税金・社会保障から北海道らしい大雪対策まで、様々な期待を寄せていただきました。

ただそんななか「だれに投票しても変わらない!」「公約(マニュフェスト)も当選したあと守られない!」という期待していなかったり、政治不信を訴えるメッセージも、多くいただきました。

みなさん、いまの政治、そして今回の選挙に何を期待しますか?