遼寧省から山東省まで日帰りで、新航路「旅順-長島」が開通―中国

© 株式会社 Record China

旅客396人を乗せたフェリー「尋仙17」が、4時間の運航を経て6月28日12時15分、無事「旅順新港」に到着した。これにより、遼寧省と山東省を結ぶ船の直行便「旅順—長島」航路が正式に開通した。そして同航路は遼寧省大連市の旅順口区と山東省長島県を結ぶ新たな架け橋となった。大連日報が伝えた。

「尋仙17」は、仙人8人が海を越えて旅行したという神話と船の構造をうまく組み合わせ、「船上で遊び、海上で景色を眺め、島で遊ぶ」を3本柱として、特色ある商品のショッピング、海の幸グルメ、テーマアミューズメント、ウエルネスサービスを一体化した海上ウエルネス・レジャー・娯楽プラットホームとなっている。430座席のほか、寝台席も318座席設けられている。「尋仙17」は、運航基準を満たしている限り、毎日午前8時に長島港を出発する。所要時間は約4時間。そして、当日午後2時に旅順新港から長島港へ戻る。同航路では、万鳥島や大黒山島、砣磯島といった、渤海海峡の人気スポットを通過するため、乗客は船からその美しい海の自然の景色を満喫することができる。

「旅順—長島」航路の開通により、遼寧省と山東省の観光市場が連結されたほか、両省の省民にとっては、親戚や友人を訪問したり、出稼ぎに出掛けたり、物資を輸送したりできる非常に便利な新しいルートとなっている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)