洗練されたキャンプが人気、Z世代は「都市から逃避」―中国

© 株式会社 Record China

テントを組み立て、タープを張り、きれいに盛り付けられたおいしそうな料理にさまざまなアルコール飲料を合わせ、ムードのあるインテリアライトの影がテントから草地に伸びて、ブルートゥーススピーカーやコーヒーマシンも欠かせない。ここ数年、海外旅行や遠距離旅行が制限されているため、屋外でのキャンプが多くの若者にとって、都市からしばらく逃避し、身も心もリラックスするための新たな手段になった。

「いつもの場所からそんなに遠くまで行かなくていい。車で2時間、都市から農村へ、高層ビルから自然の中へ」。こんなキャンプ場の広告コピーから、キャンプの魅力の本質が伝わってくる。

ソーシャルコマースプラットフォームの「小紅書」のデータによると、2021年に小紅書のキャンプ関連の投稿は、20年に比べて587%増加した。22年3月現在の投稿は前年同期の5倍以上増加し、今年の「メーデー」(5月1日)連休のキャンプ関連検索件数は同746%増加した。

若者にとって、キャンプとは単に寝る場所を変えて夜を過ごすだけではなく、都市からの逃避という意味がより大きく、憧れのライフスタイルを追求することでもある。キャンプの中では心身をリラックスできるだけでなく、ストレスのない環境の中で心と心の交流ができ、さらには社交生活や親子関係において質の高い感情的なつながりを促進することもできる。

このような現実生活のユートピアを見つけ、キャンプ体験を絶えず最適化するため、「95後(1995年から1999年生まれ)」の間では生活をまるごと移行させる「引っ越し式キャンプ」が徐々に最も人気のスタイルになってきた。

「2021年Z世代キャンプ式社交白書」のデータを見ると、キャンプを好む「95後」の間で最も反響が大きい8大キャンプギアはテント、マットレス、寝袋、調理器具、インテリアライト、持ち運びできるバスタブ、折りたたみ式便座、ペット用迷子防止服だ。同時に、大勢のキャンパーがタープ、コーヒーマシン、プロジェクターなどの設備も携帯することを選び、アウトドアのキャンプ体験をさらにグレードアップすると同時に、キャンプの「顔面偏差値」を一層高めている。

キャンプ拠点が大量に建設されるようになり、ビジネスチャンスを嗅ぎつけたブランドが急速に市場に参入し、この新たな1兆元(約20兆円)レベルの大市場で金鉱を掘り当てようとしている。

企業情報サイトの企査査のデータでは、20年には前年同期比331.6%増のキャンプ関連企業7933社が登録・設立された。アウトドア用テントの世界トップブランドであるスプリングバーとテンティピ、高級アウトドア製品ブランドのスノーピークも相次いで中国市場に参入した。

アウトドアブランドだけでなく、一部のファッションブランドやぜいたく品ブランドにも大きな「キャンプブーム」が起きている。ルイ・ヴィトン、プラダ、フェンディ、グッチなどのぜいたく品ブランドも、それぞれアウトドアグッズやキャンプ製品を打ち出した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)