英語「will」と「be going to」の違いって?

© アイランド株式会社

毎日更新!連載「1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン」では、日常会話で使える “英作文のコツ” を毎朝ご紹介します♪

英語「will」と「be going to」の違いって?

未来を表す助動詞「will」と「be going to」 を使って、簡単な英文を作ってみましょう♪

(バス停で「バスが来ないなあ」と友人が言っているときに)もうすぐバスは来るよ。=The bus will come soon.

(時刻表だとバスは 11:00 着になっていて、今は 10:58 というときに)バスはもうすぐ来るよ。=The bus is going to come soon.

(天気予報によると)明日、台風がこちらへ来るんだって。=The typhoon is going to come here tomorrow.

(台風は来ないよ、と言っている人に対して)明日、台風はこちらに来るよ。=The typhoon will come here tomorrow.

コスモピア編集部 『語順マスター英作文【入門】』 より )

ちょこっと解説♪

「will」と「be going to」はどちらも未来を表す表現ですが、一般的に

  • will:漠然とした予想や瞬間的な判断、話者の意志など
  • be going to:あらかじめ決まっている予定や、ある程度練られた心づもりなど

を、表します。もちろん、どちらを使ってもよい場合もあります。

Pick up! キーワード&フレーズ

  • soon:まもなく、もうすぐ
  • typhoon:台風

いかがでしたか?この連載は<毎日更新>しています。明日の朝もどうぞお楽しみに!