協働ロボットの取り扱い開始 機械販売の三機 中国メーカーの代理店に 品ぞろえ拡充自動車関連の自動化提案

© 株式会社中部経済新聞社

協働ロボット「CRシリーズ」に、カメラを組み合わせてピッキングに生かす

 ロボットや工作機械の販売、専用機・検査装置の設計製作などを手掛ける三機(本社名古屋市熱田区白鳥2の8の24、木島正人社長、電話052.681.2131)は、中国の協働ロボット開発メーカー、DOBOT(ドゥーボット)社の代理店となり、このほど協働ロボット「CRシリーズ」の販売を開始した。低コストかつ、高い安全性が特徴。人手不足を背景に製造現場ではロボットの需要が高まっている。品ぞろえを増やして選択の幅を広げ、自動車関連企業などへ自動化提案を強化する。