2021年度の土壌侵食面積が縮小、強度も下がる―中国

© 株式会社 Record China

中国水利部はこのほど、2021年度全国土壌侵食動的モニタリング活動を完了した。その結果によると、21年度、中国の土壌侵食面積が縮小し、強度が下がった。水と風による浸食が減少する流れがさらに定着し、土壌侵食状況が持続的に好転し、生態環境の改善が続いた。人民日報が伝えた。

データによると、21年の全国土壌侵食面積は20年比1万8500平方キロメートル減の267万4200平方キロメートル。各強度等級の土壌侵食面積のうち、「強」以上等級の面積が全国土壌侵食面積に占める割合が20年比0.55ポイント減の18.93%に下がった。全国土壌侵食面積のうち、水による侵食面積は20年比1万4200平方キロメートル減の110万5800平方キロメートル、風による侵食面積は20年比4300平方キロメートル減の156万8400平方キロメートル。(提供/人民網日本語版・編集/YF)