デジタル人民元にもATM?デジタル通貨ATMの特許出願―中国

© 株式会社 Record China

中国人民銀行(中央銀行)デジタル通貨研究所はこのほど、最新のある発明特許の出願状況を公開した。その特許の名称は「デジタル通貨の現金自動預け払い機」だ。

特許の明細書によると、この発明の実施例として「デジタル通貨ATM」を挙げ、ボックス型ATMコーナーとコーナー内部に設置された現金自動預け払い装置を含むとしている。

最近、デジタル人民元に関するニュースがしばしば伝えられ、応用シーンが急速に拡大している。業界の専門家は「中国のモバイル決済ツールが発達した状況の中、デジタル人民元の使用では、豊富な応用シーンによるサポートがあることが最も重要な特徴だ。デジタル人民元をいつでもどこでも便利に使えるようにしなければ、法定通貨という特徴をさらに発揮させることができない」との見方を示した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)