幸せな場所はキッチン!京都・大原千鶴さんのエッセイ『茶呑みめし』

© アイランド株式会社

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『茶呑みめし』

京都在住の人気料理研究家・大原千鶴さんの最新エッセイ集、おいしい匂いのする一冊です。自宅のキッチンを公開し、日々のごはんづくりや段取り上手な暮らし術をつづります。ふだんのおかずのレシピも付いています。

むりなく、むだなく、きげんよく 食と暮らしの88話 茶呑みめし
著者:大原千鶴
出版社:文藝春秋

料理が好きです。そう語る著者が家族のためににつくるのは普通のごはん。「次の日には食べたことも覚えていない、でも心がやすまる」ごはんなのだという。

本書には、そんなおうちごはんを生み出してきたキッチンを中心に、素材を生かした料理や暮らしの段取りのことなどがつづられています。著者が実践している千鶴式「早い旨い」ごはんをつくるコツも伝授します。

忙しい日々の暮らしのなかで、著者が心がけているのは「機嫌よくごはんをつくる」こと。食と暮らしをテーマにした88話から、料理をするよろこび、食べる人への愛情と心配りが伝わってきます。

お子さんの成長にともなって、日々の食卓のありかたも変化しました。家族が揃う日も時差ごはんの日も、大原さんが心を込めてつくった普通のごはんにみんながほっとする。夏、家族が盛り上がる料理は「ジンギスカン」。キッチンの賑やかな気配や楽しげなおしゃべりが聞こえてきそうです。

大原千鶴の本、以前ご紹介したこちらもぜひどうぞ。
『わたしの十八番レシピ帖』

ラブ&ピースな一日を。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/