「弱い子がいじめられる」 自民麻生氏、ロ侵攻巡り

 自民党の麻生太郎副総裁は4日、千葉県市川市で街頭演説し、ロシアのウクライナ侵攻に触れた上で「子どもの時にいじめられたのはどんな子だったか。弱いのがいじめられる。強いやつはいじめられない。国も同じだ」と述べ、安全保障体制や抑止力強化の重要性を訴えた。子どものいじめ問題への理解が足りないとの指摘も出そうだ。

 麻生氏は「強そうな国には仕掛けてこない。何発かやり返されると思ったらいじめられない。子どもの時の記憶を思い出してください」とも強調した。

© 一般社団法人共同通信社