牛乳からプロピレングリコール検出、当局が立件調査―中国

© 株式会社 Record China

中国新疆ウイグル自治区市場監督管理局は3日、同自治区内の企業が生産した牛乳から有機化合物のプロピレングリコールが検出された問題について、生産の即刻停止などを促したとする状況報告を発表した。中国メディアの中国新聞網が4日付で報じた。

この牛乳は新疆麦趣爾集団が生産したもので、同局は問題を高度に重視しているとした上で、所在地の市場監督管理局との合同調査チームを直ちに立ち上げたと説明。「企業に対して生産の即刻停止、不合格商品の売り場からの速やかな撤去、回収を促した」とした他、初歩的な調査・分析として、牛乳からプロピレングリコールが検出されたのは生産過程で食品添加物の香料の範囲を超えた使用があったためだと指摘した。

また、食品添加物の使用に関する違法行為に対して立件調査を行っていると述べ、「案件が明らかになった後、法に基づき厳正に処理すると同時に状況を速やかに公表する」とした。(翻訳・編集/野谷)