政府、再発防止へ抜本策を検討

KDDIの大規模障害受け

© 一般社団法人共同通信社

記者会見する金子総務相=5日午前、総務省

 金子恭之総務相は5日の閣議後記者会見で、KDDI(au)の通信障害が利用者や企業に前例のない規模で影響を与えたことを受け、政府として抜本的な再発防止策を検討する考えを示した。携帯電話業界ではNTTドコモも昨年10月に全国規模の障害を起こしており、対応の強化が必要だと判断した。有識者会議などで、再発防止策の内容を詰める。KDDIの情報周知については「通信事業者としての責任を十分に果たしたとは言えない」と批判した。

 金子氏は、KDDIが3日に復旧作業を終えたと公表した後も、音声通話が利用しづらい状態が長時間続いたことなどを問題視。検証が必要だと語った。