中国の宇宙事業を中傷する米官僚 外交部は断固反対

© 株式会社 Record China

外交部の趙立堅報道官は4日、米国の一部の官僚が中国の正常で合理的な宇宙事業を中傷し続けていることに対し、「このような無責任な発言に断固反対する」と表明しました。

米航空宇宙局(NASA)のネルソン局長はこのほど、ドイツメディアの取材に対し、「中国の宇宙計画は月を占領する可能性のある軍事宇宙計画であり、中国の宇宙ステーションのミッションは他国の衛星を破壊する方法を学ぶものだ」と述べたと報じられました。これについて趙報道官は、「米航空宇宙局の責任者として、彼は米国の宇宙計画の暗い歴史を十分に理解しているはずだ。それは、米国が宇宙にゴミを残し、宇宙での軍備競争を唆してきたことや、世界の戦略的安定の破壊といったネガティブな役割を果たし、宇宙の平和利用の大きな脅威となっていることなどだ」と指摘しました。

趙報道官はさらに、「近年、米国は公然と宇宙を『作戦領域』と定義し、宇宙軍と宇宙司令部の設立を加速させ、攻撃的宇宙兵器の研究開発・配備を加速させ、宇宙の軍縮交渉に関する法律文書を長期にわたって消極的に排斥すると同時に、同盟国との宇宙軍事協力を絶えず強化している。その一方で、他国の宇宙協力を妨害するために、他国の宇宙機関に恣意(しい)的な制裁を行い、中国との宇宙協力と交流を制限する法案を打ち出した。米国のこのような横暴な行為、ダブルスタンダードなやり方、不誠実な言葉は、すでに国際社会に露呈している」と指摘しました。

趙報道官はまた、「中国は一貫して宇宙の平和利用を提唱している。宇宙の兵器化と軍備競争に反対し、宇宙の分野における人類運命共同体の構築を積極的に推進している」と強調しました。(提供/CRI)