【セブン】北海道フェア新作! 札幌すみれ・函館星龍軒監修「冷やしラーメン」2種食べ比べレポート

© 株式会社マイナビ

早々に梅雨明け宣言が出て、今年も暑すぎる夏がやってきた! 早くも40度越えのエリアも出てきて、今年は例年以上に暑い夏になりそうだ。

セブン-イレブンでは「『なまラブ北海道』北海道グルメ旅!」がスタート。チルド麺では北海道の名店監修の冷し麺が2品ラインナップした。今回は発売したばかりの2品を早速レビューしてみよう。

札幌すみれ監修冷し味噌ラーメン(561円)

札幌味噌ラーメンを代表する名店「すみれ」。セブン-イレブンではレギュラーのチルド麺、カップ麺などでおなじみの存在だ。

その「すみれ」が冷たい味噌ラーメンを監修。香ばしくてビターな「すみれ」の味噌ラーメンが冷しでどう再現されているのか、気になるところだ。

具はチャーシュー2枚、ひき肉、モヤシ、タマネギ、インゲン、メンマ。麺は北海道産小麦を使用した中太ちぢれ麺。

味噌スープにはねりごまやラー油が入っていて、甘さとほんのりとした辛味もあり、少し“汁なし担々麺”を感じさせる味わい。ひき肉、モヤシ、タマネギが「すみれ」っぽさを表現している。

個人的には「すみれ」の一番の特徴である味噌の香ばしさがもっと出ていたらよかったが、「すみれ」の作った“汁なし担々麺”だと思って食べるととても美味しい。お好みでラー油をプラスしても美味しいと思う。

  • 麺:★★★
  • 具:★★★
  • スープ:★★★
  • 総合:★★★

函館星龍軒監修冷たい塩ラーメン(572円)

2018年に67年の歴史に幕を下ろした函館の名店「星龍軒」。塩ラーメンで有名なお店だが、今回は「星龍軒」監修の冷たい塩ラーメンが登場。

具はチャーシュー、メンマ、白髪ネギ、三つ葉。麺は中太ちぢれ麺。

スッキリとした味わいの塩スープは、ベースは動物系ながらホタテの旨味が抜けてきて大変美味しい。これぞ函館! と思わせてくれる旨味で、スープだけでしっかり函館を表現できているのは凄い。

モチモチとした麺がスープをうまく持ち上げ、啜れば啜るほど清涼感を感じる。加えて、三つ葉と白髪ネギが食感のアクセントとさらなる清涼感を加え、全体のバランスも素晴らしい。見た目はシンプルだが、細部まで考え抜かれた一杯でお見事。

  • 麺:★★★★
  • 具:★★★★
  • スープ:★★★★★
  • 総合:★★★★

暑い暑い夏にピッタリの冷し麺。ぜひ店頭でチェックしてみてもらいたい。

井手隊長

いでたいちょう