上海から北京に乗り入れる列車の運行が段階的に平常ダイヤに回復へ―中国

© 株式会社 Record China

中国鉄路上海駅によると、上海から北京に乗り入れる列車の運行が2日から段階的に平常ダイヤに回復し、高速鉄道をメインに1日27往復の運行を計画している。北京到着後、乗客はアプリ「北京健康宝」のグリーンコードと48時間以内のPCR検査「陰性」証明を提示しなければならない。新華社が伝えた。

新型コロナウイルス感染症の影響で、上海から北京に乗り入れる列車は最も少ない時で1日1往復にまで減らされていた。しかし、上海の新型コロナウイルス感染拡大が抑制され、状況が改善の一途をたどっているのを受け、運行が段階的に平常ダイヤに回復される運びとなった。2日からは、列車26往復が運行されるほか、4日からはG142号が運行を再開する。

2022年の夏休みの帰省・旅行に伴う鉄道輸送体制「暑運」が7月1日から8月31日まで実施され、長江デルタの鉄道当局は特別ダイヤを組んでおり、利用者延べ1億人以上を見込んでいる。(提供/人民網日本語版・編集/KN)