リンゴ・スター、自身82歳の誕生日イベントで“Peace & Love”のメッセージを宇宙へ発信

© ユニバーサル ミュージック合同会社

Ringo Starr photo: Randy Holmes/ABC via Getty Images

リンゴ・スター(Ringo Starr)が82歳の誕生日を迎える2022年7月7日、彼の友人たちや家族、バンド仲間がロサンゼルスに集い、恒例のバースデー・イベント“Peace & Love”が開催される。

現地時間の正午には、お馴染みの合言葉「Peace & Love」のメッセージが、地球上のみならず、アルテミス・ミュージック・スペース・ネットワークの協力により、国際宇宙ステーション(ISS)を経由して地球の周回軌道にも届けられる予定だ。

同イベントの参加者は、先月、全米ツアーの前半日程を終えたばかりのリンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンドのメンバーを含む以下の予定だ。

・リンゴ・スター
・バーバラ・スターキー(リンゴの妻)
・スティーヴ・ルカサー
・エドガー・ウィンター
・コリン・ヘイ
・ウォーレン・ハム
・グレッグ・ビソネット
・ベンモント・テンチ
・ジム・ケルトナー
・リチャード・マークス
・マット・ソーラム
・エド・ベグリー・ジュニア
・リンダ・ペリー
・ダイアン・ウォーレン
・ロイ・ジュニア
・アレックス・オービソン

イベント当日の正午、リンゴ・スターはテキサス州ヒューストンにあるアルテミス・ミッション・コントロール・センターに合図を送り、彼の「Peace & Love」のメッセージと音楽を、地球上の多くの国々や人々を超えて、地球周回軌道上に乗せ、遥か彼方の星まで発信する予定だ。

演奏曲は、2021年のシングル「Let’s Change The World」 と 「Star Song」の2曲で、このイベントに先立ち、ラングホーン・スリムやソーヤー・フレデリックスらによるトリビュート・パフォーマンスも予定されている。

さらに、オーストラリアのシドニーでは、TV番組“Today”で知られるカール・ステファノヴィックが司会を務める昼間の“Peace & Love”イベントが開催される他、これまでに、東京と大阪(日本)、モスクワ(ロシア)、アテネ(ギリシャ)、ティチーノ(スイス)、ハレ(ドイツ)、バルセロナとマドリッド(スペイン)、ヴェネツィア(イタリア)、ロンドン(イギリス)、ブエノスアイレスとチャスコムス(アルゼンチン)、サンパウロ(ブラジル)、リマ(ペルー)、パナマシティ(パナマ)、サンサルバドル(エルサルバドル)、グアテマラシティ(グアテマラ)、サンホセ(コスタリカ)、アメリカではニューヨーク、インターロッケン(ミシガン州、インターロッケン芸術センター)、クリーブランド(オハイオ州、ロックンロール殿堂博物館)、フェアフィールド(アイオア州、マハルシ大学)、そしてロサンゼルス(カリフォルニア州)など世界各地計26の都市で同様の祝賀イベントの開催が決定している。

リンゴ・スターは例年、自身が参加するロサンゼルスの祝賀イベントにファンを招待しているが、今年は市の条例により、イベントを公にすることができなくなった。また、今年は、現地時間の正午にヨハネスブルグのイェオビルにあるフライデー・ハートリー・シェルターで、南アフリカで初となる“Peace & Love”イベントが開催される予定だ。

また、当日から7月10日にかけて、イベントのスポンサー企業の一つであるシリウスXMラジオの“The Beatles Channel”では、リンゴ・スターの誕生日を祝う特別番組が放送される他、世界各地の1万店以上のスターバックスの店頭では、リンゴ・スターのスペシャル・プレイリストをBGMとしてフィーチャーし、正午には参加店舗でリンゴからのスペシャル・メッセージ「Peace & Love」が流れる予定となっている。

Written By Paul Sexton