5日夜から6日朝にかけて雷を伴った激しい雨 土砂災害など厳重な警戒を

© 株式会社テレビ山梨

大気の状態が不安定となり、山梨県内は5日夜から6日朝にかけて、雷を伴った激しい雨が降り大雨となるところがある見込みです。

大雨による土砂災害などへの注意・警戒が必要です。

UTY

台風4号は5日午前、温帯低気圧に変わりましたが、6日にかけて本州の南岸を東に進む見込みで、山梨県内は今夜遅くにかけて大気の状態が不安定になる見通しです。

このため県内は5日夜から6日の朝にかけて雷を伴った激しい雨が降るおそれがあります。

UTY

6日午後6時までの24時間に降る雨の量は、多いところで峡南地域・東部・富士五湖で150ミリ、中北・峡東地域で100ミリと予想されています。

UTY

気象台は雨雲が予想より発達した場合は、警報級の大雨となる可能性があるとして、低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に注意・警戒をよびかけています。

また、落雷や突風、ひょうのおそれもあり、農作物の管理に注意が必要です。