中国の国産初の大型クルーズ客船、「心臓」が動き出す―中国メディア

© 株式会社 Record China

中国船舶集団傘下の上海外高橋造船が建造する中国の国産初の大型クルーズ客船が1日、1台目のメーン発電機が順調に稼働した。科技日報が伝えた。

メーン発電機はクルーズ客船の中核設備、船舶配電システムおよび推進システムのメーン電源だ。メーン発電機の稼働は、それと関連する18の流体システムおよび300台余りの補助設備が機械・システム完成の状態になったことを示している。これはクルーズ客船の「心臓」が動き始め、船内のその他の設備システムにエネルギーを送り、原動力を提供し始めるようなものだ。

初の大型クルーズ客船には計5台の大出力発電機を搭載し、安全に帰港する設計に基づき、船首・船尾の2つの機関室にそれぞれ設置される。電力システム全体の総出力は62.4MWで、6000世帯規模の団地の配電規模に相当。

今回稼働を実現したのは、うち1台の出力9.6MWのMAN型メーン発電機で、重量は135トン。これほど大きな設備を動かす物量は、一般的な船舶を遥かに上回る。1万1000本以上のパイプ、4000本以上の電気ケーブル、200台(セット)近くの設備と付属品が使用された。(提供/人民網日本語版・編集/YF)