NY市でも銃撃14件、3人死亡

独立記念日に相次ぐ

© 一般社団法人共同通信社

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク市で独立記念日の4日、銃撃事件が14件相次ぎ、21人が撃たれ3人が死亡した。地元メディアが5日伝えた。

 アダムズ市長は5日、記者団に対し、中西部イリノイ州シカゴ近郊ハイランドパークで起きた乱射事件に触れて「同様の問題は、われわれの街でも起きている」と述べ、銃規制や犯罪対策の強化を訴えた。