広島知事、国連で核のリスク訴え 不使用は「幸運だっただけ」

5日、米ニューヨークの国連本部でのイベントで発言する広島県の湯崎英彦知事(共同)

 【ニューヨーク共同】広島県の湯崎英彦知事は5日、米ニューヨークの国連本部でのイベントに参加し、ロシアがウクライナ侵攻で核の威嚇を繰り返したことに触れ「広島と長崎以降、核兵器が77年間使われていないのは幸運だっただけだ」として、核兵器がある限り使用のリスクは消えないと強調した。

 イベントでは国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の観点から核兵器の影響を議論。湯崎氏は原爆投下後の広島市の写真を見せ「現代の基準から言えば小規模な核兵器だが、これで分かるようにSDGsの達成に破滅的な損害を与える」と警告した。

© 一般社団法人共同通信社