竹内涼真、新木優子、平手友梨奈ら『六本木クラス』初回名シーン場面写真公開

© ブロードメディア株式会社

ドラマ『六本木クラス』第1話場面写真(C)Kwang jin /tv asahi

俳優の竹内涼真が主演する今夜7月7日スタートのドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)より、初回の名シーンの場面写真が、かぎとなるせりふとともに一挙公開された。

本作は、絶望の淵に立たされた青年が報復を誓い、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間と共に立ち向かっていく姿を、下剋上を主軸に、ラブストーリーそして青春群像劇を交錯しながら描いた韓国ドラマ『梨泰院クラス』のリメーク。主役の宮部新を竹内、ダブルヒロインで楠木優香役を新木優子、麻宮葵役を平手友梨奈が演じる。

物語の幕開けとなる第1話は、最初から最後まで怒濤(どとう)の展開が繰り広げられ、濃密&重要なシーンが続々と登場する。今回公開された場面写真の1枚では、制服姿の竹内演じる宮部新が写し出されているように、物語は新の高校時代から始まる。父と2人支え合いながら生きてきた新は、父の仕事の都合で転校することになるが、そこで長屋ホールディングスの会長・長屋茂(香川照之)とその長男の長屋龍河(早乙女太一)に出会ったことが、やがて新の運命を大きく狂わせていく。そんな新の壮絶な運命の序章とも言える重要なシーンが、初対面する新と茂のシーン。

父の権力を振りかざし、しつこくいじめをする龍河を阻止するために新は殴ってしまうが、その問題に対して茂が放った「土下座をして、謝りなさい」という言葉と、そして新が口にする「それが信念で、父の教えなので」との言葉。この《信念》と《土下座》は、やがてこの先の新を待ち受ける運命に、大きな影響を与えていく。

また、このドラマの見どころの1つでもあるラブストーリーも初回から早くも動き出す。初々しさを感じさせる新と幼なじみで同級生の楠木優香(新木優子)がたたずむシーン…そこで優香が新に告げる「好きになったらダメだからね」。そして、ダブルヒロインのもう1人、クラブで踊りまくる麻宮葵(平手友梨奈)が披露されるが、そんな葵が放つ「……めんどくさい、全部」という気になるセリフ。対照的な2人が第1話で語ったセリフは、やがて新の存在によって大きな変化を遂げていくことになる。優香と葵がどのような状況でこの言葉を口にすることになったのか、そして、今後それがどのように変わっていくのか…?

木曜ドラマ『六本木クラス』は、テレビ朝日系にて7月7日より毎週木曜21時放送(初回10分拡大スペシャル)。