大和路快速と貴重な201系普通の競演も JR大和路線(天王寺~奈良)を行く

◆鉄アナ・羽川英樹「行ってきました!」vol.85

【動画】鉄アナがレポート! 221系で行くJR大和路線 (天王寺~奈良)

JR大和路線は正式には「JR難波」~「加茂」の54kmを結ぶ路線ですが、今回はその中の「天王寺」~「奈良」間を取り上げてみたいと思います。ここは国鉄形電車の201系が今なお走り、ほかにも歴史的遺産が数多く残るユニークな路線です。乗車した221系の大和路快速は「天王寺」から環状線を時計と逆回りに1周した後、奈良方面に向かいます。

最初の快速停車駅は「久宝寺」。ここで放出・新大阪方面へのおおさか東線と接続です。隣のホームでは201系の王寺行き普通列車が待ち受けています。京阪神を40年あまり走り続けた昭和の名車も、その姿を見られるのはあとわずかとなりました。

高層マンションや商業施設が集まる「久宝寺」を出て、ぶどうと古墳の街「柏原」を過ぎたあたりから、街中を出てのどかな風景がひろがります。

そして奈良までで一番利用客の少ない「河内堅上」を過ぎると、ここからは鉄橋とトンネルの連続。最初に渡る第4大和川橋梁は大変面白い構造になっています。上下に2つの橋梁が重なりますが、下の橋は車などは通行できず、上の線路を支えているだけなんです。ここにはかつて直進ルートの亀の瀬トンネルがありましたが、地滑り被害が多発したためう回ルートを作る際、桁受け用のトラス橋で支えるという珍しい構造になったのです。

結局、大和路線では大和川は右に来たり左に来たりと「柏原」~「法隆寺」間で6回も川をまたぐ線形となり、京都の嵯峨野トロッコ列車をほうふつとさせてくれます。

「王寺」は大阪のベッドタウンとして、また西大和地域の鉄道の要衝でもあり、車両基地も備えています。天王寺から快速ならわずか18分での到着です。ここでは和歌山線と近鉄生駒線・田原本線と接続。駅前には商業施設・マンション・地域交流センターなどが入居する「リーベル王寺」があります。

「王寺」から先は快速も各駅に停まり、車窓にはのどかな大和平野の景色がひろがります。先頃クラウドファンディングで1億円を集めた聖徳太子ゆかりの世界遺産「法隆寺」や、工業団地のある「大和小泉」を過ぎると、次は金魚で有名な城下町「郡山」です。

毎年6月はアジサイが満開になる矢田寺。大和郡山城天守跡の石垣展望台からは、大和平野が一望できます。真ん中に水路がある古い街並みもしっかり残り、400年の歴史をもつ和菓子の老舗「本家菊屋 本店」や、そして創業から約半世紀のフレンチの老舗「Le BENKEI(ル・ベンケイ)」にもぜひ足を運んでみたいところです。

郡山から奈良までの1駅間は4.8kmもあるため、現在この間に「八条新駅」を新設するための工事が進んでいます。

天王寺から33分で観光都市「奈良」に到着。ここで奈良線・万葉まほろば線と接続します。現在の高架駅舎の横では、昭和9(1934)年築の旧駅舎が「奈良市総合観光案内所」として活用されています。

いまでは数少ない201系が普通列車で走る大和路線。おおさか東線ではこの春に姿を消し、今やうぐいす色は大変貴重な存在となりました。大阪の街中を経て、「高井田」~「三郷」間では自然美あふれる大和川と何度も交錯し、そのあと歴史遺産いっぱいの奈良に入るという大和路線。通勤路線のイメージが強いのですが、鉄ファンの心をくすぐるスポットも数多く点在する魅惑の路線でもあります。(羽川英樹)

© 株式会社ラジオ関西