世界陸上の結団式実施 橋岡「心身ともいい形」

オンラインでの結団式に参加した、陸上の世界選手権に出場する日本選手ら=7日(日本陸上競技連盟提供)

 陸上の世界選手権(15日開幕・米オレゴン州)に出場する日本選手団の結団式が7日、オンライン形式で実施され、2019年の前回大会で男子走り幅跳び8位入賞を果たした橋岡優輝(富士通)は、終了後の取材で「心身ともにいい形で調整できている。(24年の)パリ五輪につながるように、チャレンジしながら予選と決勝に臨みたい」と抱負を語った。

 結団式では、女子やり投げの北口榛花(JAL)とともに選手団主将に指名された。昨夏の東京五輪では6位だった橋岡は「主将としてもいい結果を持ってこられるように頑張る」と決意を語った。

© 一般社団法人共同通信社