外交部 米国務長官の中国関連発言を批判

© 株式会社 Record China

ブリンケン米国務長官がこのほど行った中国関連発言について、外交部の趙立堅報道官は6日の定例記者会見で、「事実を無視し白黒を転倒させ、冷戦思考とイデオロギー上の偏見に満ちたものだ」と述べたうえで、断固として反対する姿勢を表明しました。

報道によりますと、ブリンケン氏は北大西洋条約機構(NATO)のパブリックフォーラムで、「中国は、ルールに基づく国際秩序を破壊しようとしている。米国は衝突を求めておらず、ルールに基づく国際秩序の確保に努めているだけだ」と述べたということです。

これに対し、趙報道官は「米国が言う『ルールに基づく国際秩序』は事実上、少数の国の取り決めや小グループのルールであり、米国の覇権主義と私利の道具となっている。米国は他国に国際秩序の順守を要求しながら、『生物兵器禁止条約』の検証議定書交渉を妨害し、『児童の権利に関する条約』を含む多くの国際条約の批准を拒否してきた。米国は常に国内法を国際法より重要な位置に据え置き、国際ルールに対しては、自国の利益に見合うものだけを順守し、そうでないものは見捨てている。この行為こそ国際秩序を破壊する最たるものだ」と指摘しました。(提供/CRI)