本土との出入境再開で中途案を検討

© HKP

李家超・行政長官は7月6日、就任後初めて立法会答弁に出席し、出入境再開の問題について答えた。同日の香港メディアによると、李長官は「新型コロナウイルス感染症(COVID―19)対策は放棄せず、感染者が増加を続けるのを座視するわけにはいかない」と表明。同時に「リスクと需要のバランスを考慮して最小の代償で最大の効果を発揮する」として、PCR検査を有効利用し、科学技術の応用を拡大して検疫がもたらす不便を低減すると述べた。外国から香港への入境については、データを精査し科学技術を応用してホテルでの検疫期間の短縮などを検討する。中国本土との出入境については、香港の感染者数が1日約2000件と高止まりしているが、実務的な態度で本土当局と協議して双方が安心できるようにし、特区政府がまず中途案を検討するという。