読むなら今!「六本木クラス」原作をチェック

© 株式会社ジェイ・キャスト

2022年7月7日、テレビ朝日で、日韓共同制作ドラマ「六本木クラス」の放送がスタートする。

©テレビ朝日

「六本木クラス」は、原作者で、2020年にNetflixで配信されたドラマ「梨泰院クラス」の脚本も担当したチョ・ガンジンさんや演出のキム・ソンユン監督をはじめ、JTBCスタジオ、カカオ・エンターテインメント、クロス・ピクチャーズを協力に迎えた"日韓共同プロジェクト"により、ジャパン・オリジナルとして制作された作品だ

主人公に竹内涼真さん。Wヒロインに新木優子さんと平手友梨奈さん、主人公が復讐を誓う宿敵・長屋茂を香川照之さんが演じるなど、豪華俳優陣が集結し、放送前から期待を集めている本作。放送前に原作を予習しておけば、ドラマをより楽しめるのは間違いない。今回は、ドラマの原作であるSMARTOON『六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~』を紹介する。

ピッコマで配信中の本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」の原作を日本向けにローカライズしたもの。連載が終了した現在も、ファンからの根強い支持を受けている。

<あらすじ>
国内最大外食企業JGグループに勤めている父親の転勤である 田舎に引っ越した高校3年の「新」。 転校した学校でJGグループの御曹司で学校では神と呼ばれる 「金城 龍河」に出会う。 正義感の強い「新」は「龍河」のならずものぷりに我慢できず 一発殴ってしまい退学処分、 父親は20年間勤めていた会社を辞める羽目に... さらに「龍河」が起こした交通事故で父を亡くした「新」は 「龍河」に暴力をふるい少年院行きとなる。 JGグループを倒すと心に決めた「新」が選んだ再起の街 「六本木」。 それぞれの価値観が重なり合う「六本木」を生き抜く青春物語が いよいよ開幕!

どんな時も一本筋を通す信念の主人公・宮部新や、IQ162の天才インフルエンサー・麻宮葵など、魅力的なキャラクターが活躍するストーリー。竹内涼真さんらがどんな風に演じるのかも楽しみだ。

画像提供:ピッコマ

  • 書名:六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~ 1 (piccomics)
  • 監修・編集・著者名: 原作/作画:Kwang jin
  • 出版社名: KAKAO WEBTOON Studio
  • 出版年月日: 2022年7月 2日

(BOOKウォッチ編集部)