ロマンスカー虚偽予約の疑い

「嫌がらせ」9千回か、書類送検

© 一般社団法人共同通信社

小田急電鉄のロマンスカー=2018年3月

 小田急電鉄のロマンスカー特急券の予約とキャンセルを9千回以上繰り返したとして、警視庁捜査1課は13日、業務妨害の疑いで埼玉県志木市の無職男性(48)を書類送検した。捜査1課によると「ロマンスカーに乗ることが好きだったが、乗務員の態度が気に入らず、嫌がらせのためにやった」と供述している。

 書類送検容疑は昨年3~11月、ロマンスカー特急券のオンライン予約とキャンセルを約9300回繰り返し、業務を妨害した疑い。予約した席の大半は人気の展望席で、一度に8席取っていたこともあった。特急券は発車時刻の15分前までに決済しないと自動的にキャンセルされるという。