九州・山口に線状降水帯 対馬で記録的大雨、危険度高まる

大雨で増水した長崎県対馬市の佐護川=18日午後3時30分ごろ(長崎県提供)

 列島は大気が不安定になり18日午後、長崎県壱岐・対馬に線状降水帯が発生し記録的な大雨が降った。19日未明にかけて山口、福岡、佐賀県でも線状降水帯が確認された。災害の危険度が急激に高まる可能性があり、気象庁は土砂災害や河川の氾濫に厳重な警戒を求めている。

 気象レーダーの解析では、長崎県対馬市の3カ所で1時間にそれぞれ約110ミリの記録的な大雨が降ったとみられる。対馬市では川が増水し、床上浸水や道路の冠水、崖崩れが起きた。市は全域に一時避難指示を出した。

 福岡、佐賀、長崎の一部自治体も避難指示を出した。

雨が降り始め、福岡の繁華街・天神を傘を差して歩く人たち=18日午後8時9分

© 一般社団法人共同通信社