被爆描く映画、広島で完成試写会 「for you 人のために」

試写会後にあいさつする映画監督の松本和巳さん=18日午後、広島市

 原爆を生き抜いた被爆者を記録したドキュメンタリー映画「for you 人のために」の完成披露試写会が18日、広島市の原爆資料館で開かれた。試写会後、監督の松本和巳さん(57)は「原爆を乗り越えてきた人々の努力の積み重ねで今がある。生きざまを残したい」と話した。

 映画は、広島原爆で被爆死した米兵捕虜を調べてきた歴史研究家で被爆者の森重昭さん(85)を中心に、「人のために生きた人たち」に焦点を当てた。被爆者7人へのインタビューのほか、被爆者の救護活動に尽力した外国人神父や、被爆者健康手帳の取得を支援してきた人々も取り上げた。

 映画は8月以降、順次公開される。

© 一般社団法人共同通信社