サクラガイの新種「ハチザクラ」 瀬戸内海の干潟、絶滅恐れ

二枚貝「サクラガイ」の新種「ハチザクラ」(岡山大の福田宏准教授提供)

 岡山大や高知大などのチームは19日までに、瀬戸内海に面した広島県竹原市の河口に広がる「ハチの干潟」で、二枚貝「サクラガイ」の新種を見つけたと発表した。干潟の名称から「ハチザクラ」と命名。かつては西日本の広い範囲に生息していたものの現在の生息域は限定的とみられ、チームは「近い将来、絶滅する恐れがある」と指摘している。

 チームによると、ハチザクラの貝殻は全長1~2センチで薄いピンク色。貝殻の片端にくぼみがあるのが特徴だ。岡山大の福田宏准教授(貝類分類学)が昨夏、この干潟に生息する生物の多様性を紹介しようと別の貝の標本を点検していた際、発見した。

© 一般社団法人共同通信社