慈恵病院で内密出産3例目 熊本県外の20代女性

 熊本市の慈恵病院は21日、病院以外に身元を明かさず出産する独自の「内密出産制度」を利用し、熊本県外の20代女性が6月に出産したと明らかにした。昨年12月と今年4月に続き3例目。

 病院によると、女性は5月「誰にも知られずに出産したい」と病院にメールで相談。子どもを特別養子縁組で他の人に託すことを希望しており、子どもは既に乳児院に移された。熊本市の区長が職権で戸籍を作成する見通し。

 女性は子の出自証明として、自身の運転免許証などのコピーを病院の職員に預けた。「子どもが大きくなったら開示してもいい」と話しているという。

© 一般社団法人共同通信社