東京都市大、小中学生対象「科学体験教室」9/11

第20回大学で楽しもう!小学生・中学生のための科学体験教室

東京都市大学は2022年9月11日に「第20回大学で楽しもう!小学生・中学生のための科学体験教室」を開催する。今年は、3年ぶりに世田谷キャンパスにおいて対面形式での実施となる。開催時間は午前12時30分~午後4時30分。参加にはWebサイトにて事前申込みが必要。定員を上回った場合は抽選となる。

「第20回大学で楽しもう!小学生・中学生のための科学体験教室」は、2002年度から東京都市大学が体験学習を通じて子供たちの科学・理科に対する関心を高め、学習意欲の向上や創造性・知的好奇心・探求心を育成すること等を目的として開催している。2011年度には科学教育促進に対する真摯な姿勢が評価され、NPOキッズデザイン協議会が主催する第5回キッズデザイン賞フューチャーアクション部門を受賞。2020年は、新型コロナウィルス感染症の感染状況に鑑み休止、2021年はZoomを用いたライブ配信型式となったが、今年は感染対策を行いながら規模を縮小し、3年ぶりに対面形式で実施する。

今年度は、各研究室から13プログラムが出展する。出展テーマは、「暗闇で光るストラップをつくろう」「光の不思議!?紙で作ったモノクロ絵に色を付けよう!!」「地震から身を守ろう講座」「人工知能とコラボで作曲してみよう!」「ブロック玩具で建築を学ぼう!」「TCUたんけん隊ーイラストで自然のふしぎを見つけよう!ネイチャー・ジャーナリング」「すごいぜ!うがい薬」「セッコウで手形をつくろう」「スライムからスーパーボールを作ろう」「つくって!えらんで!防災教室」「ゲームで!森の生き物のつながりを学ぼう!」「天気を予知する!?ストームグラスを作ろう!」「micro:bitで遊ぼう!~ブロックプログラミング入門~」の13テーマ。さらに、第20回特別企画として橋梁の専門家である三木学長による「はしをかけよう」をテーマとした特別講義が予定されている。対象は小学生~中学生、テーマにより対象学年・開催時間・参加人数が異なるため、Webサイトにて確認してほしい。参加するには、Webサイトにて事前申込を行う。定員は150名、募集定員を上回る場合は抽選となり、当選すれば子供1人につき2プログラムまで参加が可能となる。プログラムの選択は先着順となり、8月下旬にWebサイトにて申込みの受付開始予定。第20回特別企画「はしをかけよう」については、2プログラムに加えて申込み可能となる。

開催に際しては、感染症対策として参加者自身の対策や、子供1人につき同伴者は1名、食堂の開放は行わないため昼食は各自済ませることが求められている。また、コロナ情勢等により変更・中止をする場合があり、オンライン形式の変更もないとしている。なお、開催する際には記録・広報用に写真・動画撮影を行うため、撮影に不都合がある場合には申し出が必要となる。

◆第20回大学で楽しもう!小学生・中学生のための科学体験教室

日時:2022年9月11日(日)12:30~16:30

場所:世田谷キャンパス(東京都世田谷区玉堤1‐28‐1)

定員:150名

申込期間:2022年8月1日(月)12:30から4日(木)16:00まで

申込:Webサイトより申込み

※募集定員を上回った場合は抽選

※当選者は1人につき2プログラムまで参加可能となり、8月下旬に別途申込みが必要(先着順)

日高紋佳

© 株式会社イード