容体は安定 副村長が職務代理 明日香村・森川村長(66)脳梗塞で入院

© 奈良テレビ放送株式会社

 明日香村は26日、森川裕一村長(66)が脳梗塞の治療のため入院していると発表しました。村によりますと、森川村長は7月17日、体調不良を訴え医療機関を受診したところ、脳梗塞と診断され、治療のため入院しているということです。現在、容体は安定しているといい、入院期間は約1カ月の予定で、27日から8月26日までは、窪田勝彦副村長が職務代理者に就くということです。森川村長は「早期に復帰できるよう治療に専念いたします。」とコメントしています。