なでしこ、引き分けで2連覇 東アジアE―1選手権

中国と引き分けて優勝を決め、サポーターにあいさつする(左から)清水、宝田ら女子日本代表=カシマスタジアム

 サッカーの東アジアE―1選手権は26日、茨城・カシマスタジアムで女子の最終戦が行われ、日本代表「なでしこジャパン」は中国代表と0―0で引き分け、2勝1分けの勝ち点7で2大会連続4度目の優勝を果たした。1勝2分けで同5の中国が2位。最優秀選手(MVP)には日本の清水(日テレ東京V)が選ばれた。

 日本は植木(日テレ東京V)や千葉(千葉)が攻撃をけん引。得点は奪えなかったが無失点で切り抜けた。

 もう1試合は韓国が台湾を4―0で下した。韓国は勝ち点4、台湾は同0で大会を終えた。

東アジアE―1選手権2連覇を果たし、写真に納まる女子日本代表ら=カシマスタジアム
最優秀選手に選ばれ、サポーターの拍手に応える清水=カシマスタジアム

© 一般社団法人共同通信社