【7/27】新型コロナウイルス 新たに1551人感染確認

© 奈良テレビ放送株式会社

 新型コロナウイルスについて県と奈良市は27日、新たに1551人の感染が確認されたと発表しました。

 曜日ごとの新規感染者の数です。水曜日に1500人を超えるのは2022年2月以来で、県内でも感染の急拡大が続いています。

居住地別では、奈良市が519人、生駒市が217人などです。

現在の感染者の数は1万7343人。このうち重症は、前の日と変わらず11人です。亡くなった人の発表はありません。

病床使用率は重症対応病床が31%です。

クラスターや院内感染が相次いでいます。県内3つの高齢者向け施設で、職員や利用者がからむクラスターが。奈良市の高の原中央病院では、入院患者と職員あわせて12人のクラスターが発生。橿原市の県立医科大学附属病院では、管理部門と2つの病棟でクラスター疑いが発生しています。また生駒市の白庭病院では、入院患者2人の院内感染が確認されたほか、三郷町の西和医療センターでは入院患者5人、職員9人の感染が確認されました。また、大和高田市の土庫病院では、職員2人の感染が確認され、院内感染の疑いがあるということです。一方、奈良市によりますと、市内の民間医療機関で、4回目の接種を受けた男性2人に対し、ワクチンが充填されていない状態で打つ、いわゆる「空打ち」をした疑いがあるということです。奈良市は、この医療機関に対し指導を行うとともに、対象の2人に対しては再接種の機会を設けるということです。