駐輪場に車突っ込み7歳男児死亡 鹿児島、運転の高齢男性も

 27日午後1時5分ごろ、鹿児島県徳之島町の町営住宅敷地内にある駐輪場に軽乗用車が突っ込み、近くで遊んでいた小学生の男児2人にぶつかった。住人の小学生加納碧士君(7)と、運転していた徳之島町、職業不詳兼田秀夫さん(82)が死亡。残る男児は軽傷だった。車は敷地内のコンクリート壁に衝突して止まっており、県警は事故の経緯を調べている。

 県警によると、現場は県道沿い。兼田さんの死因は外傷性肺挫傷で、加納君は頭を強く打った疑いがあるという。

© 一般社団法人共同通信社