カタルーニャ語の使用要請へ

スペイン政府、欧州議会に

© 一般社団法人共同通信社

 【パリ共同】スペイン政府は27日、北東部カタルーニャ自治州で話されるカタルーニャ語について、欧州連合(EU)欧州議会の本会議で使用できるよう同議会に求めることで自治州政府と合意した。28日までにスペインメディアが伝えた。

 欧州議会ではEU各国の議員が自国の公用語でやりとりできるよう通訳や翻訳が用意されるが、これまで地域言語は対象となっていない。ボラニョス首相府相は、北部のバスク語や北西部のガリシア語についても各自治州が望めば、同様の手続きを取る考えを示した。

 中央政府のサンチェス左派連立政権は少数与党のため、地域政党の協力が政権運営に重要となっている。