天然痘ワクチン、サル痘にも 後藤厚労相「対策寄与に期待」

サル痘ウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 国内でも感染者が確認された「サル痘」について、厚生労働省の専門部会は29日、明治グループの製薬会社「KMバイオロジクス」(熊本市)が製造する天然痘ワクチンを、サル痘の予防接種にも使えるようにすることを了承した。医療従事者らへの接種など今後の方針については、8月1日の専門家らによる感染症部会の議論などを踏まえ検討する。

 了承を受け取材に応じた後藤茂之厚生労働相は「サル痘対策に大いに寄与することを期待している」と述べた。厚労省は早ければ来週にも正式に薬事承認する見通し。

 厚労省によると、専門部会では「サル痘に対する有効性に懸念はない」と評価する声があった。

© 一般社団法人共同通信社