カジノ賛否問う条例案否決

大阪府、住民投票実現せず

© 一般社団法人共同通信社

大阪府議会で発言する吉村洋文知事=29日午後

 大阪府と大阪市によるカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致計画を巡り、府議会は29日、誘致の賛否を問う住民投票条例案を大阪維新の会と公明党、自民党の反対多数で否決した。条例案は、大阪市の市民団体から直接請求を受け、吉村洋文知事が地方自治法に従い提出した。

 吉村知事は条例案提出に当たり、IRについて「非常に大きな経済波及効果が見込まれる」と強調し、区域整備計画が府市両議会でそれぞれ承認されたことを理由に「改めての住民投票は意義を見いだしがたい」と反対意見を付けた。