系統電力を使わないオフグリッドEV充電…太陽光発電の実証実験 日置電機

© 株式会社イード

オフグリッドEV充電システムのイメージ

次世代型EV充放電プラットフォームを開発するYanekaraは7月25日、長野県上田市にある日置電機の本社において、電気自動車(EV)を充電するオフグリッドEV充電システムの実証を実施すると発表した。

ドライブレコーダー市場が大幅低迷...出荷台数22%減 4-6月期

実証実験ではソーラーカーポートを電源とする。ソーラーカーポートは、系統電力を使用しないオフグリッド型の充電ステーションで、EV3台を充電する機能を持つ。検証では、日置の持つ高い電力計測技術を活かして、電力の有効利用分と損失のバランスを測定する。オフグリッド運用を行う際、最適な太陽光パネルと蓄電池の容量を算定する。

また、どのような利用パターンの車両の組み合わせであれば、安定的にV2V充電を活用したオフグリッド充電システムを構築できるのかを調査する。

オフグリッド型EV充電システムには蓄電池が必要となるが、実証ではYanekaraが開発する次世代型V2X機器「ヤネボックス」を活用、定置型蓄電池の代わりにEVを蓄電池として利用し、オフグリッド充電システムの構築を目指す。

「ヤネボックス」は1基で複数のEVを充放電でき、EVを太陽光発電の直流電力で充電することが可能なV2X機器。実証実験では複数台のEVを接続し、そこから隣接する普通充電コンセントにつながるEVに給電することで、定置型蓄電池を使用せずに、オフグリッド充電システムの実現を目指す。

V2V(Vehicle to Vehicle)システムは、定置型蓄電池よりもkWh単価が安いEVのバッテリーを最大限活用できる。これによって従来のオフグリッド充電システムのコスト面の課題を解決するとしている。

入れるな危険!?燃料添加剤はどんな効果があるのか~カスタムHOW TO~

日野、国内出荷停止中の大型トラックの生産再開---出荷時期は依然見通せず

電子車検証リーダ・ライタを発売、陸運局に行かずに手続きできる マクセル