奈良地検 事務官を停職1カ月の懲戒処分に

 奈良地方検察庁は29日、20代の男性事務官を、停職1か月の懲戒処分にしたと発表しました。

 奈良地検によりますと、20代の男性事務官は、2022年5月30日、友人が酒気を帯びていることを知りながら、家まで送るよう依頼し、大阪府羽曳野市で、その車に乗ったということです。友人は、大阪地検の事務官で、大阪地検もこの事務官に対し、懲戒処分を行ったということです。なお、奈良地検の男性事務官は、29日付けで辞職したということです。

© 奈良テレビ放送株式会社