50代最後の年を過ごす加藤雅也 俳優デビューで感じた「悔しさと情けなさ」…プロデューサーからの助言が価値観変えた

© 株式会社光文社

加藤雅也

「父方の祖父母が教師だったと聞いていたので、その影響があったかもしれません」

教師を目指して横浜国立大学教育学部に進学した加藤雅也は、教職課程の履修に奮闘する毎日を過ごしていた。

だが、大学3年生のときに思ってもいなかった「岐路」に立たされた。いや、もしかしたらそれは必然だったのかもしれない。183cmの高身長、のちに俳優の石橋蓮司から「お前、ショーケン(萩原健一さん)に似てるな」と言われたルックス。加藤は芸能事務所に「モデルにならないか」と声をかけられた。

「スカウトはされましたが、最初はチラシにばかり出ていました。本格的にモデル活動を始めたのは翌年(1986年)に創刊された『メンズノンノ』のレギュラーモデルに選ばれてからです。

教育実習などで教員世界の保守的な部分に違和感を覚えていたこともあって、『僕が本当にやりたいことはなんだろう』と模索していた時期でしたから、『選んでいただけたのは、僕の何かが今の時代に求められているからだろう。だったらその何かを見極めたい』と思ったんです」

そして「思い切りやってダメだったら、そのときに判断すればいい。だけど中途半端な気持ちでやってはダメだ」と心に決めた。そのころ、先輩モデルに連れてこられたのが、今年で創業68年になるイタリア料理の名店「六本木シシリア」だった。

「奈良県出身で横浜の大学生だった僕は六本木に縁がなく、お店のことも知りませんでした。お店の前でタクシーを降りたんですけど、そこがどこかはまったくわかりませんでした」と笑う。ただ、生地が薄い四角形のピザの美味しさに驚いたことは、後々まで覚えていたという。

「それからはお店の移転などもあってお邪魔することはありませんでした。

しかし、40歳を過ぎたころだったと思います。この界隈を歩いていたら偶然、看板を見つけたんです。『あ、あのシシリアだ』と感動の再会です。以来、ちょくちょく通わせていただいています」

「僕は食通でもなんでもありません」と言うが、料理の注文方法は独特だ。

「その店で、僕自身が『これはほかのメニューより群を抜いて美味しい』と感じた料理ばかりを注文します。点心が美味しい中華料理店だったら最初から最後まで点心みたいな。コース料理は、ほとんどいただきません。なぜかと言われると、俳優で培った『経験と判断』を大切にしているからでしょうか」

このこだわりは、俳優デビューしたころの「悔しさと情けなさ」にあった。

パリコレに出演したころの加藤雅也

1988年、初出演映画『クレイジーボーイズ』で主役を射止めた。周囲は加藤を「華やかなスタートを切った」と見ていた。

「幸いにもいいデビューをさせていただき感謝しています。ただ、当時から僕には圧倒的に俳優をやるための経験がないことも自覚していました。いきなりヘリコプターに乗せてもらい、富士山の頂上に降ろしてもらったようなものです。麓から一歩一歩登ってくれば、途中にどんな花が咲いていたかを知り、それが知識や経験として蓄積されていきます。でも、僕にはそれがなかったんです」

加藤は「経験していないその一歩を埋めなければいけない」と思った。埋めるためのひとつの方法として、1995年に渡米。演技や英語の勉強をした。そこで、あるプロデューサーから助言を受ける。衝撃的だった。

「その方に『アカデミー賞を獲ったとしても、そんなのはたまたま作品に恵まれただけさ。(受賞の)過去を語っても意味ないよ。大事なことは次に何をやるか。それから何歳になっても俳優でいることなんだ。マサ、そのためにはとにかく多くの作品に出ることだ』と言われました。

僕は出演という経験を重ねることが、演技をするうえでさまざまな判断を下せることにつながると確信したんです。そのお店の、どの料理が美味しいか気づくには、多くの料理を食べた経験がないと判断できないことと同じです」

帰国後、加藤は出演時間がどんなに短くても声がかかれば出演依頼を受けた。断わらないと言ったほうがいいかもしれない。

「2015年に公開された『罪の余白』という映画があります。僕は、わずかワンシーンの出演でした。だけど、その年の『キネマ旬報ベスト・テン』の助演男優賞候補に推してくださった評論家がいらしたんです。『あの短い出演の演技を見ていてくださったのか』とすごく嬉しくなりましたね。

ある脚本家の方には、こんなことも言われました。『主演の台本には大きな木の絵が描かれている。短い出演の役者さんの台本は一枚の葉っぱの絵が描かれている。この葉っぱの絵から木の全体像を作り上げるのが、本を渡された役者さんの仕事なんです』と。

この言葉は、作品に対して僕は何をやらなければいけないか、を考えるきっかけになりました。だから僕は、どんなに小さな役でも『演じること』が楽しいんです」

公開中の映画『キングダム2 遥かなる大地へ』では、興行収入57億円を突破した前作(2019年)に続き、肆氏(しし)役で出演している。

「前作もそうでしたが、とにかく大作です。肆氏は自分が理想とする上司像をまっとうする人につきますが……。
いろいろ言っちゃうとネタバレになりますから、このくらいで勘弁してください。役作りですか? 『孫子の兵法』を読み込みました(笑)」

今年は、50代最後の年になる。

「そうか、来年は60歳か。あまり人には言いたくないですね。このごろ、進化は変化だと思っていて。そのためには発想を転換することが必要だと感じています。だから新しいことに挑戦したい。

映画監督? 僕がメガホンを取ったら(失敗して)資金を出してくださった方に迷惑をかけちゃいます(笑)。

でも、若い俳優さんと演技のディスカッションはおおいにしたいです。伝えたいことがたくさんあります。その方法として、監督というのはあるのかもしれませんね」

加藤は言う。

「人は好きなことを仕事にするよりも、得意なことを仕事にしたほうがいい。逆に言えば、好きなことが得意なことになればThat’s the bestです」と。

かとうまさや
1963年4月27日生まれ 奈良県出身 大学在学中にモデル活動を開始し、東京コレクション、パリコレクションを経験。1988年、映画『クレイジーボーイズ』で俳優デビュー。1995年から活動拠点をロサンゼルスに移し、ハリウッド映画『GODZILLA』にも出演した。1919年には奈良市観光特別大使就任。レギュラー番組は奈良テレビ『加藤雅也の角角鹿鹿』、Fm yokohama『BANG BANG BANG!』など

【六本木 シシリア】
住所/東京都港区六本木6-1-26 六本木天城ビルB1F
営業時間/月~金16:00~23:00(L.O.22:30)土・日・祝日12:00~22:00(L.O.21:30)

写真・野澤亘伸