5年ぶり29回目の出場・天理が夏の甲子園での健闘誓う

© 奈良テレビ放送株式会社

 全国高校野球選手権大会に出場する天理高校野球部が、1日、地元・天理市役所を訪れ、甲子園での健闘を誓いました。 

 つなぐ野球と安定した投手力で奈良大会を勝ち上がった天理。決勝では、体調不良者が出て万全な状態で戦えなかった相手チームを想い、勝っても歓喜の輪を作らず整列した姿勢に全国から賞賛の声が集まりました。並河市長も、頑張ってきた者同士だから出来たことと、名門らしい振る舞いを称えました。そして、甲子園に向け激励状を手渡しました。これを受け、戸井零士キャプテンは「甲子園に出られるという実感がわいてきた。日本一になれるスタートラインに立てたと思うので、奈良大会の試合のように守備から攻撃のリズムを作り戦いたい」と話しました。

全国高校野球選手権大会は3日、組み合わせ抽選会が行われ、6日、阪神甲子園球場で開幕します。