ル・マン24時間の“2倍ポイント制”は妥当か。「後半3戦が台無し」と訴えるフィリペ・アルバカーキ

 ユナイテッド・オートスポーツUSAからWEC世界耐久選手権に参戦するフィリペ・アルバカーキは、ル・マン24時間レースで与えられる通常の2倍のポイントが、WECの残りのシーズンのタイトル争いを「台無しにしている」と表現し、ポイントシステムの変更を求めている。

 現在、年間6戦が開催されているWECにおいては、ル・マン24時間レースでの各クラス優勝者には通常の(6時間レースの)ラウンドで与えられる25点の2倍となる、50ポイントが付与されている。

 6月の2022年第3戦ル・マン24時間ではオープニングラップでの接触もあってクラス10位と低調な結果に終わり、LMP2のタイトル争いにおいて大きな打撃を受けたユナイテッド・オートスポーツの22号車オレカ07を駆るアルバカーキは、現在のポイントシステムに「納得がいかない」と語った。

 アルバカーキは、ル・マンの優勝者に与えられる50ポイントが不公平なアドバンテージとなり、ライバルチームは残りのラウンドでその差を埋めるのに苦労している、と主張している。

「それは僕が毎年獲得しているポイントであり、(ルールは)シリーズが決めたものにすぎないけど、ル・マンの50ポイントには賛同できない。なぜなら、ル・マンはチャンピオンシップの真ん中にあり、後半の3レースが台無しになるからだ」と、アルバカーキはSportscar365に対し語った。

「もし最初の2レースでいい結果を出し、(第3戦)ル・マンで優勝できたとする。一方で他のチームは、後方でフィニッシュしたり、トラブルやクラッシュなど自分ではコントロールできないことがあって、0ポイントになったとする。そのあとに50ポイントを回復するためには、少なくとも2レースを使わなければならない」

「シリーズを観る者にとっては、最終戦までチャンピオンシップの行方を見守ることができなくなる。だから、シーズン中盤のル・マンがそれを台無しにするようなものなんだ」

「もしパドックで『ル・マンで勝つことと、世界選手権のタイトル、どちらが欲しいか』と聞いて回ったら、それは拮抗していると思う。だから、最終的なタイトル獲得のためにル・マンのポイントを増やすことは、タイトル争いからアドレナリンを奪うことになると思うんだ」

 FIAとACOフランス西部自動車クラブは、現行システムの代わりに通常のポイントを付与する方がいい、と2020年にユナイテッドでル・マンのLMP2クラスを制したアルバカーキは言う。

 ただしそれを機能させるためには、他のレースでのポイント構成も変更する必要がある。現在、1000マイルレースや8時間レースでは1.5倍のポイントが与えられているからだ。

2022年WEC第4戦モンツァ LMP2クラスポールシッターのフィリペ・アルバカーキ

■決勝での“中間ポイント”採用を推す声も

 一方、JOTA38号車から参戦し、2022年のル・マンでLMP2ウイナーとなったウィル・スティーブンスは、アルバカーキの主張は理解できるとしながらも、カレンダー上でもっとも長時間のレースではさらなるチャレンジが必要となることから、より多くのポイントが付与されるべきだと考えている。

「これは常にトリッキーな問題だ」とスティーブンス。「結局のところ、レースが長ければ長いほど、より多くのポイントが提供されるべきだ」。

「4時間のレースで勝つのと、24時間のレースで勝つのとでは、明らかに多くのことが異なるし、もしレース全体にわたってリードしていたとしても、(最終的な順位により)通常のポイントが与えられることになる。その点では、短いレースと長いレースでは、少し違いがあるはずだ」

「ル・マンの良し悪しがその年の成績を左右するのは確かだが、これは難しい問題だ」

 スティーブンスは、SROモータースポーツ・グループが、スパ24時間レースで採用しているような、レース中に一定のインターバルでポイントが与えられるシステムも、ACOは検討すべきではないかと示唆している。

「正しいとか間違っているとかはないと思うんだ」とスティーブンス。

「24時間レースの中間点で、ポイントを付与するのがいい選択だと思う人もいる」

「勝てばそのシステムがいいと言う人がいて、結果が悪ければそれが嫌いだという人がいる。常にそういうものだ」

「だから正解も不正解もないと思うけど、長距離レース、とくにル・マンは一年のなかでもメインイベントだし、そこで良いレースをすればその分報われるべきだと、僕は思っている」

「でも僕は以前、ル・マンの失敗でチャンピオンシップから脱落したこともあるからね。だから僕はその両極を経験したことがあるんだ。そこには常に、ハッピーな人とそうでない人がいるものなんだ」

圧倒的な強さでLMP2クラスを制した38号車JOTAのロベルト・ゴンザレス、ウィル・スティーブンス、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ 2022年WEC第3戦ル・マン24時間

© 株式会社サンズ