地元企業をバスで見学

札幌商工会議所が高校生対象にバスツアー

© テレビ北海道

札幌の高校生が地元企業を見学するバスツアーが初めて行われました。ツアーは札幌商工会議所が初めて企画。若い世代の就職で目立つ、企業と働き手のミスマッチによる離職を減らすのが狙いです。きょうは札幌の女子高校生3人が参加。バスで移動しながら公園を整備する建設会社やトラック販売会社、燃料販売事業を行う地元企業を訪問しました。生徒たちはそれぞれの仕事の役割や強み、働き甲斐などといった企業担当者の説明に耳を傾けていました。生徒たちにも良い刺激になったようです。ツアーはあさって4日も実施予定で、まだ少し参加枠に余裕があるということです。