甲子園、3日に組み合わせ抽選会 浜田など4校欠席、代理くじ引き

甲子園球場=4月

 第104回全国高校野球選手権大会(6日から17日間・甲子園)の組み合わせ抽選会は、3日午後4時から大阪市内で行われる。

 抽選会では1~3回戦の組み合わせを決める。新型コロナウイルスの集団感染と判断された浜田(島根)帝京五(愛媛)有田工(佐賀)九州学院(熊本)は欠席。4校は回復までの期間を考慮し、第8日に登場するように日本高野連会長が代理でくじを引く。準々決勝、準決勝の組み合わせ抽選は、進出チームの主将が各試合終了直後にくじを引いて行う。

 史上初となる3度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭や、今春の選抜大会準優勝の近江(滋賀)などの対戦カードが注目される。

© 一般社団法人共同通信社