【奈良】今や「かき氷の聖地」 進化系・通年提供続々!1300年前の平城京に“製氷業の原型”の歴史

© 株式会社ラジオ関西

シンプルから進化系まで。独自の「かき氷文化」をはぐくむ奈良県が「かき氷誕生の地」と言われる理由

キーンと突き抜けるような冷たさがたまらない「かき氷」。クリーミーな食感のアイスクリームやソフトクリームとは違ったおいしさが魅力です。

【写真11枚】奈良のかき氷いろいろ 進化系、おかず系、キャラクター系から昭和レトロまで

夏の縁日やお祭り、カフェなどの店舗では夏季限定メニューとして登場するなど「夏の風物詩」というイメージが強いかき氷ですが、奈良県では年間を通して提供されることも多く、他の地域と比べてもかき氷がよく食べられていることが分かります。

さらに奈良県は、いにしえからかき氷と深い関係性があるとされ「かき氷誕生の地」と言われています。その理由を探るべく、県内のかき氷屋100店舗以上と取引がある奈良市唯一の製氷メーカー「日乃出製氷株式会社」(奈良市三条桧町)の中さんに、詳しい話を聞きました。

やはり気になるのは、奈良県でかき氷が生まれたという「伝承」について。中さんの話によると……。

「歴史書『日本書紀』(720年ごろ完成)では、仁徳天皇期、当時の奈良県で氷池で凍った氷を冬の間に氷室(古代の冷蔵庫のようなもの)で保存・管理していました。そして夏になると平城宮に献上した、という記述があります。『天皇がことのほか喜んだ』という文章も残っているほどで、当時は天皇や貴族も食していたのではと考察します。これは現在につながる『氷事業』や『氷食文化』の始まりを表しているのではないでしょうか」(中さん)

日乃出製氷では氷の製造・加工やドライアイス販売をおこなっています。その事業の原型が、およそ1300年前の奈良県に、もう存在していたというのです。

また、平安時代のエッセイとしてあまりに有名な清少納言の『枕草子』にも、かき氷に関する描写があったとされています。

「枕草子の四十二段『あてなるもの』には、『削り氷にあまづら入れて新しき金まりに入れたる』という記述があります。これは『細かく削ったかき氷にあまづらをかけたものが大変雅びやか』だという意味です。『あまづら』というのは『ツタ』のこと。その樹液を煮詰めたものが『甘葛煎(あまづらせん)』で、シロップとして削った氷にかけていたようです」(中さん)

「削った氷に甘いシロップをかける」といえば、まさしくかき氷のこと。この枕草子における文章が、日本で最初のかき氷に関する記述だとされているそう。令和に生きる現代人と同じく、平安貴族たちも夏になると氷で涼をとっていたことが伝わってきます。

かき氷といえば、舌が染まるほど鮮やかなシロップにあらく削った氷という組み合わせがポピュラーですが、最近では粉雪のようなふわふわ食感タイプや、泡状のムースがのった「エスプーマかき氷」など新種や変わりダネも。進化が著しいかき氷について中さんに聞いてみると、こんな回答が。

「2014年ごろは、まだシンプルなかき氷が多かったと記憶しています。その後、エスプーマをはじめ、フルーツをたくさん使用したパフェのようなかき氷、野菜シロップのかき氷、さらにはチーズや魚介を使った『おかず氷』など、食べる側に驚きと感動を与えるかき氷がどんどん登場しています」(中さん)

その上で「これからの進化が楽しみでありつつも、『食べたら頭がキーンとなる、昔ながらのかき氷がいいねん』と言われる時代がふたたびやって来るかもしれませんね」と展望しました。

奈良県は、全国的に「かき氷の聖地」として知られています。氷室神社を舞台に日本各地からかき氷屋が集まり、出店や「かき氷奉納」がおこなわれる「ひむろしらゆき祭」は、多くのかき氷ファンでにぎわいます。また、県内や周辺地域のかき氷を紹介する「奈良かき氷ガイド」は、奈良ならではのコンテンツと言えるでしょう。

「かき氷に関して奈良県は、他の地域とはひと味違った一体感を持っていると思っています。だからこそ製氷メーカーとして『ただ氷を売る』だけではなく、新しくかき氷を始めるお店に対して機械の選び方や氷のかき方のアドバイス、さらに希望があればマンツーマンで講習をおこなっています。これからも『奈良のかき氷はどの店に行ってもおいしいね!』と感じてもらえるように盛り上げていきたいですね」(中さん)

シンプルかき氷はもちろん、SNS映えを狙えそうな「進化系かき氷」まで、奈良県にはさまざまなスタイルのかき氷を提供するお店が集結しています。店舗への支援やバックアップが手厚い同県だからこそ、他の地域と一線を画したかき氷文化が育まれているのでしょう。

かき氷の最先端に触れてみたい人は、ぜひ「聖地」へ。

(取材・文=つちだ四郎)