全数報告見直し「適切に検討」

松野氏、コロナ専門家の提言に

© 一般社団法人共同通信社

 松野博一官房長官は3日の記者会見で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の専門家有志が感染者の全数報告の変更などを求めた提言に関し「時機を逸することなく、適時適切に具体的な検討を進めていく」と述べた。

 症状が軽ければ自宅療養で様子を見るべきだとした日本感染症学会など関連4学会の声明については「限りある医療資源の有効活用は大切な視点だ」と指摘。医療体制の確保に万全を期す考えを示した。