臨時のドライブスルー抗原検査 奈良市できょうからスタート

© 奈良テレビ放送株式会社

 新型コロナの感染拡大を受け、奈良市は市民を対象にドライブスルー方式による臨時の抗原検査をきょうから始めました。

 臨時の抗原検査の対象となるのはワクチン接種率が低いとされる20代から30代の市民です。発熱や喉の痛みなど自覚症状がある人が対象ですが、現場では診察などが出来ないため、重症化リスクのある人は受診できません。奈良ドリームランド跡地に設けられた検査場で行うのは、市民が鼻から検体を採取し、キットを使って判定するドライブスルー方式の抗原検査です。検査の結果は15分ほどで判明し、陽性反応が出た場合は会場のスタッフが検査キットの結果と個人情報などを写真に撮って保健所に送るということです。

奈良市 総合政策部長・真銅正宣さん
「今(市内の)発熱外来が非常にひっ迫している状況でございますので、20代・30代で症状のある方はこちらの抗原検査場をご利用いただければと考えております。宜しくお願い致します。」

この臨時の検査場は8月19日までで、予約は不要です。受付は午前9時から11時までです。問い合わせは電話080-4895-6133もしくは080-4895-6136までとなっています。なお、奈良市では検査場は医療機関ではないので、症状に不安のある人は医療機関で受診するよう呼びかけています。